同じ業界は要注意

 

 転職活動をする場合、経験を活かすため、似た業界を選ぶことが多いはずです。でも、同じ業界の転職も注意することがあります。

 

 同じ業界だからこそ、応募先にも、現在の会社を知っている人が必ずいます。 採用する側では、最終段階に来ると、応募者の身辺調査をすることがありますが、その際、現在の会社の人に、それとなく聞いたりすることもあります。現在の会社での評判が、そのまま転職活動の成否を決めると言っても過言ではありません。

 

今、どれだけ頑張っているかが重要

 

 人の口に戸は立てられないので、どんな理由であっても人間関係から転職をしようとする人は、できるだけ違う業界を選ぶのも転職を成功させるコツです。
 同じ業界で転職したい人は、少なくとも転職の可能性があると思った時点から、現在の会社で、それまでの何割増しも頑張る覚悟が要ります。
 あなたの頑張りが前の会社で評価されたら、新しい会社に入ってから実務に就いても、スムーズに仕事に溶け込めるでしょう。

 

同じ業界だからこそのメリット

 

 反対に、普段から評価の高い人は、転職のオファーが向こうから来る可能性もあります。業界内の噂は、本当に早く広まります。既に同業界で転職した、あなたの昔の上司や、一緒に仕事をしていた人たちが、声をかけてくれることも多いのです。
 つまり、同業界の転職は、転職であって転職ではないと考え、今いる場所で、まず頑張ることが必要だといえます。

 

 


このページの先頭へ戻る