就活のスタートは、ツールを定めること

 

 転職を決めたその時に、どのようなツールを利用して就活を勧めるかというポイントは、実はとても大切なのです。「数をこなせば、ひとつくらいは就職に結びつくはず」は、甘いといわざるを得ません。

 

 大手企業が出版するリクルート雑誌を読むも良し、転職サイトを検索して登録を行うも良し。インターネットツールがこれだけ充実した現代社会では、これらを便利に使わない手は無いでしょう。

 

 ただし、なんでも良いわけではありません。自己アピールが得意な方は、人材派遣や転職仲介会社を通すこともお勧めです。履歴書を書く際にも、自己分析の機会が必ずあるはず。その時に、自分に適した就活スタイルを模索することは非常に大切です。

 

ハローワークで手堅い就活

 

 ハローワークは、地域で各事務所を構えているため、大手転職雑誌には掲載されていない情報が多数掲示されています。一度、事務所を訪れてみましょう。登録を行う手続き自体は非常に簡単。登録後は自由に検索PCを利用し、希望する条件を入力するなどの便利機能を駆使した案件検索が適うのです。

 

 もちろん、ハローワークが責任を持って就職のお世話をしてくれる訳ではありません。でも、企業に訪問をする前に連絡を請け負ってくれたりとメリットも多いのです。一度、覗いてみてはいかがでしょうか?同じく就活に励む多くの人と時を同じくするだけでも、励みになるものですよ。


このページの先頭へ戻る