転職をする際には、色々と事前準備をする事が必要です。良くやりがちな勢いに任せた転職などは、後で後悔することがあるので、止めましょう。転職先がすぐに見つかると良いですが、転職活動が長引くと気になるのがお金の問題です。

 

 きちんとした蓄えがあれば良いですが、それでなければ大変です。事前に失業給付を貰える時期、金額、貰い始める時期などを事前に把握しておく必要があります。

 

 まず、期間ですが、雇用保険の被保険者期間によって、失業給付が貰える期間に違いがあるので、その辺も把握しておく必要があります。

 

 例えば、雇用保険の被保険者期間が10年間の場合は120日、それ未満の場合は90日になっています。30日間の差は、結構大きいので、自分がどこの部分に当てはまるか調べておきましょう。

 

 

<人気ページ>
50代の仕事探しに必須!転職情報の見方ガイド
50代の仕事探しに役立つのは今までの経験と人脈!

 

 

 次に金額ですが、インターネットで簡単に金額が計算できるものがあるので、調べてみる事をおススメします。年齢・賃金日額・勤務年数などを入れると、基本手当の日額を簡単に計算できます。どの程度お金が貰えるのかを把握していれば、少しは不安も解消されると思います。

 

 貰える時期ですが、自己都合退職の際には、3カ月間は制限が入り、失業給付は受け取れません。その間無収入になるので、最低限それに耐えられる蓄えは必要になります。

 

 その制限の3ケ月の間に、自分で見つけて就職をすることは可能ですが、その際には、再就職手当が出ないので注意が必要になります。

 

 就職する方が大事なので、再就職手当などが出なくても良いかもしれませんが、結構な金額になる場合もあります。どちらが得なのかを考えて、行動するのも重要です。

 

 転職するのには、事前にある程度調べておくことで、失業する不安を解消する事が出来ます。失敗しないようにするためにも、事前の準備が必要です。


このページの先頭へ戻る